福祉 バリアフリーについて

バリアフリーに関する事について

バリアフリーは福祉を考えるときにとても大事なものとなってきます。
特に高齢者にとっては、バリアフリーをちゃんとしておかなければならない時がたくさんあります。
例えば、階段の上り下りやスロープを歩くときの手すりが思いうかびます。
若い人だったら手すりがなくても楽に行けると思うが、高齢者の人たちは足が悪い人たちもたくさんいるので、手すりはなくてはならないものとされているからです。
そこで、やはり福祉というものは国民がみんな安心して暮らせる国を作ることだと思うので、自分たちの1つの行動で国の安心が上がってきたり、安心も向上してきます。
なので、もう1回、自分たちはどういう風なことをすれば安全な国づくりができるかを考える必要があると思います。

Copyright(c) 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.