前へ
次へ

腰痛の辛さに薬物療法と行う神経ブロック療法も

あまりにも腰痛が辛い時には、病院で痛みを抑える注射を打ってもらうこともできます。局所麻酔を注射するのが神経ブロック療法であり、神経のまわりや神経に注射をする方法です。神経に注入をした麻酔薬が働きかけますので、腰痛の痛みの経路はそれによりブロックされます。辛い痛みは注射で緩み和らぎますので、体内の血液の巡りまで順調になり、同時に感じていた筋肉のこわばる状態からも解放です。ただし痛みはたった1回の注射で完全に良くなるわけではなく、何度か行うことになります。その際には局所麻酔薬を注射するのと共に、併せて薬物療法も同時進行をさせるのがポピュラーです。症状や痛みの加減に種類なども判断して、医療機関での神経ブロック療法は種類を使い分けています。どこか押した際に強く痛みを感じるところがあるなら、それが痛みの発端であり、そんな状態にはトリガーポイント注射です。きつい痛みを無くすために、鎮痛薬や局所麻酔をダイレクトに注射します。

Page Top