福祉 バリアフリーについて

バリアフリーの広がり

近年、日本の都心部ではいたるところでバリアフリー化の波が打ち寄せています。
少子高齢化に伴って日本の福祉は毎年見直され、改善されています。
最近私が入った飲食店では店内の約10分の1のスペースを利用してバリアフリーのトイレが設置されてました。
また、地下鉄などでは車いすの人を親切に誘導してくれる駅員さんなどを多く見かけます。
それ以外にも多くのところで障害者や高齢者をいたわるような精神を感じることができます。
しかし、都心部以外の地域ではまだ普及が行き届いていないのが現状です。
今後、日本では今以上にバリアフリーの精神は広く普及させ、高齢者や身体障害者などが生活しやすいより良い社会を作っていくことが必要です。

Copyright(c) 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.