banner

バリアフリーは介護者にも役立ちます

banner バリアフリーとは、社会的弱者の障害者や高齢者たちが、社会生活するうえで、物理的・精神的に障壁になるものを取り除くことをいい、建物の段差を取り除くなどの意味があります。
バリアフリーの考えは古く、1974年の国連障害者生活環境会議において広く普及することになりました。
福祉においてバリアフリーは不可欠です。
介護の場面ではついつい手助けをしてしまいます。
しかし求められてもいない手助けは要介護者の自立の障害になります。
介護施設の目的に自立した生活があります。
介護者からすれば怪我でもされたら余計に負担が増すという思いもあり、ついつい手助けをしてしまいますが、要介護者からしたらいちいち構ってくれるなというストレスにもなります。
介護疲れを減らすためにもバリアフリーは必要で、手助けは求められたときだけすることが大事です。

中絶・性感染症・ホルモン異常を専門に扱う大阪のクリニック

http://www.tb-cc-center.com
最高の整体治療を体験するなら整体院TBCC天神本院

久地駅すぐのきむら歯科クリニック
アクセス抜群で通いやすい

関連情報一覧

banner
バリアフリーは福祉を考えるときにとても大事なものとなってきます。
特に高齢者にとっては、バリア

バリアフリーに関する事について

banner
近年、日本の都心部ではいたるところでバリアフリー化の波が打ち寄せています。
少子高齢化に伴って

バリアフリーの広がり

banner
近年、バリアフリーという言葉をよく耳にします。
バリアフリーとは、障害者や高齢者などの社会的弱

福祉とバリアフリーの環境

Copyright(c) 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.