前へ
次へ

子供の腰痛も問題になります

腰痛を患っている人はたくさんいますが多くの人が間違っているのは、これは病名ではなくひとつの症状だということです。腰が痛いというのは誰しもなりえることなので、運動不足をして筋肉が固まってしまうことで痛みが出ることもありますし、神経の影響で痛くなることもあります。まず人間の体は子供の頃は筋肉も柔らかく、一定の運動を繰り返しやっていない限り腰痛は起きにくいといえます。しかし、気をつけないといけないのは子供でもパソコンや勉強などは座ってやっていることによって腰の筋肉が早くに硬くなり、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの症状に発展してしまいます。やはり子供の頃は適度な運動と併用することによって筋肉に刺激があり、収縮したりの伸展することで筋肉の働きを維持できます。またストレッチでも予防をすることができますので、日常生活でストレッチをして筋肉を伸ばしてあげることやラジオ体操なども効果的です。ストレッチをするコツとしてはゆっくりと息を吐きながら筋肉を伸ばして、戻すときに息を吸いながら呼吸を重視することで安全にストレッチができます。また日常生活でできる腰痛予防として効果があるのは、シャワーだけではなくお風呂に入って身体を温めることもひとつの方法です。

Page Top